Go to Contents Go to Navigation

シム・ウンギョン TAMA映画賞で最優秀新進女優賞受賞

芸能・スポーツ 2019.11.28 15:31

【ソウル聯合ニュース】韓国の女優、シム・ウンギョンが日本映画「新聞記者」で第11回TAMA映画賞の最優秀新進女優賞を受賞した。

映画「新聞記者」で吉岡エリカ役を演じた女優シム・ウンギョン(ポップエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 TAMA映画賞は東京都多摩市で毎年開催される「映画祭TAMA CINEMA FORUM」で2009年に創設された。最優秀新進女優賞はその年に最も顕著な活躍をした新人女優に贈られる。

 映画「新聞記者」は日本の政治スキャンダルを通じて国家とジャーナリズムの裏側を批判した作品で、シム・ウンギョンは主人公の若手記者、吉岡エリカを演じた。

 シム・ウンギョンは「心の中が温かい何かで包まれたような気分でいっぱいだ。なぜか実感がわかず、とても不思議な気分でもある」と感想を語った。

 シム・ウンギョンは現在、韓国のケーブルチャンネルtvNで放送されるドラマ「マネーゲーム」(原題)を撮影している。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。