Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 東部から海上に飛翔体2発を発射=韓国軍

北朝鮮 2019.11.28 17:59

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は28日、北朝鮮が同日午後4時59分ごろ、東部・咸鏡南道から朝鮮半島東の東海上に未詳の飛翔(ひしょう)体を2発発射したと発表した。

韓国軍合同参謀本部は北朝鮮が未詳の飛翔体を発射したと発表した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国軍は追加の発射に備え、関連動向を監視している。

 北朝鮮の飛翔体発射は今年13回目。先月31日には中部の平安南道・順川付近から東海上に「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」とみられる飛翔体2発を発射した。 

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。