Go to Contents Go to Navigation

韓日が課長級対話 近く本格的な協議開始か=輸出規制巡り

韓日関係 2019.11.28 21:14

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の両政府は28日、日本の対韓輸出規制問題の解決に向け、通商当局間の課長級対話を実施した。韓国が決定した日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の条件付き延期を巡り、両国が合意した事項を履行する第一歩となる。

韓国政府は22日、日本とのGSOMIA終了を条件付きで延期することを決めた=(聯合ニュースTV)

 韓国政府関係者が同日、聯合ニュースに対し、「産業通商資源部と日本の経済産業省の課長級が韓国首都圏で、輸出規制に関する本格的な協議に向けた対話を行った」と明らかにした。局長級対話の開催時期や場所、議題などについて調整したもようだ。この日の協議結果を基に、近く局長級対話開催に関する発表があるとされる。 

 局長級対話では包括的な議論が行われる見通しだ。ただ、輸出管理を巡る双方の主張には隔たりが大きく、難航が予想される。

 韓国青瓦台(大統領府)は22日、GSOMIAの終了を猶予し、日本による対韓輸出規制問題を解決するため、課長級の準備会合を開いた上で局長級対話を行う方針を発表。日本政府も韓国との課長級の準備会合を経て局長級の対話を行うと表明した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。