Go to Contents Go to Navigation

中国軍機 韓国防空圏に進入=戦闘機発進

政治 2019.11.29 17:12

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の合同参謀本部は29日、中国の軍用機1機が韓国防空識別圏(KADIZ)に入ったと明らかにした。合同参謀本部は「韓国領空の侵犯はなかった」として、「(中国機が)KADIZに入る前から空軍の戦闘機を出動させ、偶発的な状況に備えた戦術措置を実施した」と説明した。

赤い線が中国機の飛行経路=(聯合ニュース)

 合同参謀本部によると、Y9偵察機とみられる中国機は同日午前10時5分ごろ、韓国南部・済州島の南の岩礁、離於島近くの韓国と中国の防空識別圏が重なる上空に入り、同53分に離脱した。その後、対馬付近を経て日本の防空識別圏から北上し、同11時34分に韓国南東部の浦項近くから韓国の防空識別圏に再び進入した。蔚珍付近まで北上した後、逆方向に飛行して午後1時36分に離脱した。

 両国の防空識別圏が重なる上空を除き、韓国の防空識別圏に入った時間は合わせて約20分だった。

 韓国軍は無線交信を行ったが、中国機は飛行目的や経路などについて応答しなかったという。

 韓国国防部は在韓中国大使館に抗議し、再発防止を求めたという。

 中国のY9偵察機は先月29日も黄海側の韓国の防空識別圏に進入した。当時は無線交信に対し、飛行情報などを提供していた。

 今年に入り、中国機が韓国の防空識別圏に入ったのは26回を超えるとされる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。