Go to Contents Go to Navigation

金委員長の叔父が北朝鮮に帰国 韓国情報機関

記事一覧 2019.12.01 09:53

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関・国会情報院(国情院)の徐薫(ソ・フン)院長はこのほど国会情報委員会の全体会議で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の叔父の金平日(キム・ピョンイル)駐チェコ大使が最近帰国したと伝えた。金平日氏は金正恩氏の父、故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の異母弟。複数の国会情報委所属議員が30日、伝えた。

金平日氏=(聯合ニュースTV)

 一時、金正日氏の地位を脅かす存在だとされた金平日氏は1988年に駐ハンガリー大使として現地に赴任したのを皮切りに海外生活を続けており、北朝鮮の権力の中心から外れていたと評されていた。

 国情院は今年4月、同氏が近く駐チェコ大使の職を離れ帰国するとの見通しを国会に報告していた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。