Go to Contents Go to Navigation

韓日の対立解消へメディアの役割模索 韓国財団がフォーラム開催へ

社会・文化 2019.12.02 16:52

【ソウル聯合ニュース】韓国言論振興財団(KPF)が4日午前11時30分から、韓国プレスセンター(ソウル市中区)で「韓日の対立解消のためのメディアの役割」をテーマに「KPFフォーラム」を開催する。

KPFが7月に開催した「日本の経済報復と韓日関係」をテーマにしたフォーラムの様子=(聯合ニュース)

 両国のマスコミの報道を振り返り、未来志向の関係を築くためのメディアの役割を模索する。

 メディア関係者のうち、韓国に駐在する日本の特派員、国内の報道機関の日本専門記者、国際・外交担当のテスクレベルの人を対象にする。

 韓国・協成大のパク・ヨンフム教授と東京都市大の李洪千(イ・ホンチョン)准教授が両国マスコミの報道を分析した内容を発表する。続く討論には元共同通信記者の青木理氏、東京新聞の望月衣塑子記者、朝日新聞の神谷毅ソウル支局長、独紙フランクフルター・アルゲマイネのパトリック・ウェルター東京特派員、東亜日報の徐永娥(ソ・ヨンア)東京支局長がパネラーとして参加する。

 参加の申し込みはKPFのジャーナリズム支援チームまで。電話(02-2001-7763)またはメール(pakapaka@kpf.or.kr)で受け付けている。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。