Go to Contents Go to Navigation

韓国首相が中国・山東省書記と会談 両国関係拡大など協議

記事一覧 2019.12.03 21:21

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は3日、来韓中の劉家義・中国共産党山東省委員会書記と政府ソウル庁舎で会談し、韓中関係拡大などについて意見交換した。

握手を交わす李首相(右)と劉書記=3日、ソウル(聯合ニュース)

 李首相は、1992年の韓中国交正常化以降、両国の貿易額が44倍に、人的交流が100倍にそれぞれ増加するなど両国関係が短期間に飛躍的に発展したと評価した。

 また、山東省は中国で韓国企業が最も多く進出した地域だとした上で、地域間交流を通じて両国が相互理解と友好を深めていくことを願うと述べた。

 劉書記は医療・科学技術・教育などの分野で山東省と韓国の協力強化を希望するとした上で、李首相に対し、韓国と同省の関連部署間の交流、韓国企業の進出と投資、韓国の医療・保健・科学技術分野の関係者の同省訪問などに関心を注いでほしいと要請した。

 李首相は、中国が最近、大気の質改善に向けて積極的に努力していることを評価した。劉書記は中国が責任ある国家として温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」を忠実に履行していると述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。