Go to Contents Go to Navigation

日本の輸出先 韓国が14年ぶり4位に後退=10月 

韓日関係 2019.12.06 09:44

【ソウル聯合ニュース】日本の輸出相手国・地域の順位で10月に韓国は第4位と、約14年ぶりに1ランク後退したことが6日、分かった。日本が7月に半導体・ディスプレー材料3品目の対韓輸出規制を強化したことを受け、韓国で日本製品の不買運動が広がったことが影響した。

日本の輸出規制強化に反発し、韓国では不買運動が広がった(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 韓国貿易協会と日本関税協会によると、10月の日本の輸出額は6兆5711億円で、このうち韓国向けは全体の5.8%にあたる3818億円で4番目だった。韓国は2005年6月、米国と中国に次いで日本の第3位輸出先に浮上し、14年にわたり同順位を維持してきたが、10月は台湾に抜かれた。

 韓国の割合が6%を切るのも2001年4月(5.8%)以来、18年半ぶり。

 一方、10月の日本の輸入額6兆5614億円のうち、韓国からの輸入額は4.2%の2728億円だった。3カ月ぶりに4%台に回復した。順位は3カ月連続で5位。韓国は2015年以降、日本の輸入先でほぼ4~5位を維持している。

 日本の対韓貿易は輸入より輸出のほうが萎縮したと分析される。

 韓国産業通商資源部によると、日本が輸出規制に踏み切った今年7月から10月までの累計で、日本の対韓輸出は14.0%減少した。韓国の対日輸出の減少率はその半分の7.0%だった。

 日本の韓国向け輸出は半導体・ディスプレー材料だけでなく、韓国での不買運動によりビールや自動車などの主力品目も急減した。10月にビールを含む食料品の対韓輸出額は58.1%減少。乗用車は70.7%、化学製品も28.3%のマイナスとなった。

 韓国の統計をみると、日本からのビール輸入額は9月に前年同月比99.9%急減し、10月も99.5%落ち込んだ。韓国では日本ブランドの自動車販売も振るわない。7月の販売台数が前年同月比17.2%減少した後、8月が56.9%、9月が59.8%、10月が58.4%、11月が56.4%と大幅減が続いている。

 こうした中、韓国と日本は今月16日に東京で、輸出管理に関する局長級の政策対話を開く予定だ。両国間の懸案の解決を図るため、3年半ぶりの開催を決めた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。