Go to Contents Go to Navigation

日本主導の五輪休戦決議 「北東アの平和に言及なく残念」=韓国統一相

記事一覧 2019.12.09 16:48

【公州聯合ニュース】韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は9日、日本政府が決議案を主導し、国連総会で採択される見通しの「五輪休戦決議」について「北東アジアの平和に対する具体的な措置が含まれていればという残念な思いが残る」と述べた。

講演を行う金錬鉄長官=9日、公州(聯合ニュース)

 金長官はこの日、忠清南道の公州大で「朝鮮半島平和経済時代、文在寅(ムン・ジェイン)政権の南北関係推進方向」をテーマに講演し、膠着(こうちゃく)状態にあった南北関係が2018年に対話局面に転換したのは、文大統領が平昌五輪を前に行われた国連総会で五輪休戦を提案したことから始まったとし、このように述べた。

 金長官はまた「昨年の平昌冬季五輪、来年の東京五輪、2022年の北京冬季五輪と、北東アジアで相次いで開かれる五輪が北東アジア地域に平和が定着する契機になることを願う」と強調した。      

 五輪休戦決議は2020年東京五輪・パラリンピックの期間に合わせ、選手や関係者などの安全な往来を保障するため、戦争や紛争、テロ、過激な暴力の中止を呼びかけるもので、米ニューヨークで開かれる国連総会で9日に採択される予定だ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。