Go to Contents Go to Navigation

在日大韓民国婦人会 韓国障害者スポーツ協会に寄付

記事一覧 2019.12.10 18:57

【ソウル聯合ニュース】在日大韓民国婦人会が2020年の東京パラリンピックでの韓国選手団の健闘を祈り、大韓障害者体育会に5000万ウォンを(約455万円)を寄付した。大韓障害者体育会が10日伝えた。

伝達式に参加した大韓障害者体育会の李明浩(イ・ミョンホ)会長(左)と朴善岳氏(大韓障害者体育会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 在日大韓民国婦人会の朴善岳(パク・ソンアク)会長はソウル市内の大韓障害者体育会で行われた寄付金の伝達式に参加し、「2018年の平昌冬季パラリンピックで障害者の代表チームの選手たちの姿を見てとても感動した」とし、「東京パラリンピックでも応援する」と話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。