Go to Contents Go to Navigation

米代表 安保理理事国との会合で結束呼びかけ=韓日の国連大使も出席

記事一覧 2019.12.12 08:41

【ニューヨーク聯合ニュース】米国務副長官に指名されたビーガン北朝鮮担当特別代表は11日、ニューヨークで国連安全保障理事会の15理事国の代表らと会合した。会合は北朝鮮のミサイル開発問題について協議する安保理の公開会合を控えて行われた。国連消息筋によると、ビーガン氏は現在の状況が厳しく、安保理が一致して対北朝鮮政策に取り組まなければならず、こうしたメッセージを北朝鮮に送る必要があると言及したという。また、外交的な解決という原則を再確認したという。

ビーガン氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 ビーガン氏は近く、韓国を訪問する見通しだ。

 会合には韓国の趙顕(チョ・ヒョン)国連大使と日本の石兼公博国連大使も利害当事国として出席した。

 趙氏は会合前、聯合ニュースに対し「どうしても(北朝鮮と)交渉をすることが重要だ」として、「何よりも交渉を通じた問題解決(が優先)という韓国政府の原則を伝える」と強調した。

 ビーガン氏は3月と6月も安保理理事国と韓国、日本を対象に非公開会合を開いている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。