Go to Contents Go to Navigation

韓国の国連大使「北との対話の勢い維持が最優先」 安保理会合で

政治 2019.12.12 10:02

【ニューヨーク聯合ニュース】韓国の趙顕(チョ・ヒョン)国連大使は11日(米東部時間)、国連安全保障理事会が北朝鮮のミサイル開発問題を扱うため開催した公開会合に当事国の大使として出席し、北朝鮮問題への韓国政府の取り組みを強調するとともに、北朝鮮に対し米国や韓国との対話に乗り出すよう求めた。

会合は米国の要請で開かれた(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 趙氏は「韓国政府は、繰り返される北のミサイル実験に対する国際社会の憂慮を共有している」としながら、「北が国連安保理決議の義務を履行すると同時に、交渉の進展を通じて具体的な結果につなげられるよう意味ある朝米(米朝)対話に乗り出すことを強く促す」と述べた。国際社会に対しても「安保理決議を忠実に履行しながらも、北の正しい決定を後押しできる措置を提供すべきだ」と呼び掛けた。

 また、「どうにか設けられた対話のモメンタム(勢い)を維持することがわれわれの最優先順位」とし、南北対話再開の重要性も強調した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。