Go to Contents Go to Navigation

元大宇グループ会長の告別式しめやかに 約2千人が参列=韓国

社会・文化 2019.12.12 11:41

【水原聯合ニュース】9日に死去した韓国の旧大宇グループ創業者、金宇中(キム・ウジュン)元会長の告別式が12日、ソウル郊外の水原にある亜州大病院の大講堂で営まれた。

金宇中氏(大宇世界経営研究会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「素朴な葬儀」を望んだ故人の意向を受けて会場には遺影と花のみが飾られ、遺族や親族、大宇の元社員らが参列した。

 早朝から集まった約2000人の弔問客は葬儀場に入れず、廊下に設置されたモニターで告別式の様子を見守った。

 金氏の最側近でグループ会社の社長を務めた張炳珠(チャン・ビョンジュ)大宇世界経営研究会会長は弔辞で「会長が成し遂げたことが国民の自信につながっている」と述べ、「(会社が)危機を迎えた後も若い人材を育てることに余生をささげ、国のために奉仕する道を探そうとなさった」と故人をしのんだ。

 出棺には夫人の鄭禧子(チョン・ヒジャ)氏ら家族が立ち会った。

葬儀場を後にする霊柩(れいきゅう)車=12日、水原(聯合ニュース)

 金氏が設立した大宇グループは造船や自動車など数々の事業を手掛け、積極的な海外展開を推進。1990年代に資産規模で韓国2位の財閥に成長した。だが、アジア通貨危機の余波で99年に経営破綻し解体された。

 同氏は粉飾決算を主導した罪などで2006年に懲役8年6カ月、追徴金17兆9253億ウォン(現在のレートで約1兆6300億円)を言い渡されて服役したが、08年に特赦によって釈放された。

出棺を見送る参列者ら=12日、水原(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。