Go to Contents Go to Navigation

柳賢振の獲得にカージナルスも関心か 大リーグ公式サイト伝える 

記事一覧 2019.12.13 10:49

【ソウル聯合ニュース】米大リーグのドジャースからフリーエージェント(FA)となった韓国人左腕、柳賢振(リュ・ヒョンジン、32)の獲得にカージナルスが関心を示しているようだと、大リーグ公式サイトのMLBドットコムが13日に伝えた。

11月、韓国に帰国した柳賢振(資料写真)=(聯合ニュース)

 同サイトは、柳が今季開幕戦の先発、オールスター戦の先発投手として登板し、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞、2位)と最優秀選手(MVP)投票(ナ・リーグ19位)にも登場したと説明。一方で、2013年からドジャースでプレーし、投球イニングが160回以上だったのは13年と19年の2シーズンだけだったとも指摘した。

 昨年末にクオリファイング・オファー(FA資格を得た所属選手に対する規定額での1年契約オファー)を受け入れる前も、柳の健康状態を懸念する声は大きかった。

 だが今季、29試合に登板して182回2/3を投げ、大リーグの防御率1位(2.32)を獲得。健康面への不安はかなり和らいだ。

 高額契約への期待も膨らむ。

 移籍市場の最大の目玉だった2人、スティーブン・ストラスバーグはナショナルズと7年総額2億4500万ドル(約268億円)で再契約し、ゲリット・コールはヤンキースと9年総額3億2400万ドルの契約で合意した。コールとストラスバーグの契約額は投手史上最高額1位、2位で、現地メディアの当初の予想を上回るものだった。

 現地メディアが3年総額5500万~6000万ドル程度と予想した柳の契約額も、さらに膨らむ可能性がある。柳の獲得を狙う球団が増えるほど、契約条件は良くなる。

投球する柳賢振(資料写真)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。