Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の強硬路線示唆 「関連動向を注視」=韓国当局

記事一覧 2019.12.13 11:54

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の金銀漢(キム・ウンハン)副報道官は13日の定例会見で、北朝鮮が米国主導で開かれた国連安全保障理事会の会合に反発し、強硬路線に進むことを示唆する談話を発表したことについて、「関連動向を注視している」と述べた上で、米朝対話を進展させるためできる限りの努力をするとの基本的立場を改めて示した。

金銀漢氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省の報道官は12日に談話を発表し、安保理が北朝鮮の核・ミサイル問題に関する公開会合を開いたことを非難するとともに、米国の愚かな行為がわれわれがどの道を選ぶかを決める上で決定的な役割を果たしたとして、強硬路線を取ることを示唆した。米国は会合で、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返していることについて「明確な安保理決議違反だ」と非難していた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。