Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が再び重大実験実施 「戦略的核抑止力を強化」=米への圧力か

記事一覧 2019.12.14 17:15

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が今月7日に続き、13日に北西部・東倉里の西海衛星発射場で再び「重大な実験」を行った。

北朝鮮・国防科学院の報道官は14日、北西部の西海衛星発射場で13日に「重大な実験」が行われたと発表した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 重大実験は、15日に予定されている米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表の訪韓を前に行われ、北朝鮮が米国の態度変化に対する期待を捨てたのではないかとの見方が出ている。

 北朝鮮・国防科学院の報道官は14日、北西部の西海衛星発射場で13日午後10時41分から同48分まで再び「重大な実験」が行われたと発表した。朝鮮中央通信が報じた。

 同報道官は「最近われわれが相次いで成し遂げている国防科学研究の成果は朝鮮民主主義人民共和国の頼もしい戦略的核戦争抑止力をより一層強化することに適用される」と強調した。

 今回の実験は大陸間弾道ミサイル(ICBM)のエンジン開発の可能性が高いとみられる。国防科学院報道官が7日の実験については「(北朝鮮の)戦略的な地位を改めて変化させる上で重要な作用をする」と説明したが、今回は「核戦争抑止力の強化」と述べ、核に言及したためだ。

 韓国の情報当局は、北朝鮮が7日にICBMに使われる液体燃料エンジンの実験をした可能性に重きを置いている。

 今回の実験はビーガン氏の訪韓前日に行われ、米国への圧力をさらに強めていることを示している。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。