Go to Contents Go to Navigation

韓日外相会談 調整つかず見送りの可能性=「略式」検討も

記事一覧 2019.12.15 14:01

【東京、ソウル聯合ニュース】アジア欧州会議(ASEM)外相会合に合わせてスペイン・マドリードでの開催が検討されていた韓日外相会談が見送られる可能性が高まった。NHKが15日報じた。韓国政府当局者も「会談の日程が決まらず見送られる可能性が非常に高い」とし、「双方ともに会う意思があり、さまざまな方向で日程を調整しているが調整が本当に難しい」と説明した。

康氏(左から2人目)と茂木氏(右端)は11月23日に名古屋で会談した=(聯合ニュース)

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は15日夜遅くにマドリードに到着するが、日本の茂木敏充外相は16日の午後早い時間に現地を発つとされる。このためASEM外相会合の途中で略式の会談を持つ案が有力視されている。また、ぎりぎりの調整を続けて会談が実現する可能性も残る。

 韓日両政府は24日に中国・成都で開かれる韓中日の3カ国首脳会談に合わせた韓日首脳会談を調整しており、外相会談が実現すれば韓日首脳会談の地ならしが進むと期待されていた。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。