Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮へのコメ5万トン支援 来年も推進=韓国政府

記事一覧 2019.12.17 14:49

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は17日までに、世界食糧計画(WFP)を通じて北朝鮮にコメ5万トンを支援する事業について、来年も引き続き推進する方針を決めた。南北協力基金からの支出を決めていた事業費は来年度(1~12月)に繰り越す。

2010年、韓国西部の群山港で北朝鮮に送るコメを船積みする様子=(聯合ニュース)

 韓国の統一部関係者は「北の食糧事情、WFPの立場などを総合的に考慮し、この事業を2020年も維持していく計画を立てた」と明らかにした。

 韓国政府は今年6月、北朝鮮の食糧事情を踏まえ、WFPを通じて韓国産のコメ5万トンを支援する方針を決め、南北協力基金からコメの購入費用270億ウォン(約25億円)、輸送や北朝鮮内での配分・モニタリング費用1177万4899ドル(約12億9000万円)を支出することを決定した。

 だが、北朝鮮が7月、韓米合同軍事演習などを問題視し、コメの受け取りを拒否。韓国政府はWFPに送金した費用の回収などを検討してきた。

 当初は同事業の中止を検討する流れだったが、「人道支援は政治状況と関係なく続ける」との原則や、来年に北朝鮮の立場が変わる可能性などを考慮し、事業延長の方向に転換したようだ。

 韓国政府は今月初旬、世界保健機関(WHO)を通じた北朝鮮に対する母子保健事業への支援を約5年ぶりに再開し、南北協力基金からの500万ドルの支出も決めた。

 北朝鮮の今年の穀物の生産量はここ3年間の平均(469万トン)より少ない464トンで、韓国統一部は慢性的な食糧不足が今年も続いたと推測している。

 韓国政府の措置により、WFPは来年も北朝鮮側とコメの支援問題を協議できるようになった。

 ただ、北朝鮮が軍事的な緊張を高めており、対北朝鮮支援を批判する声も上がりそうだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。