Go to Contents Go to Navigation

韓国空軍 F35Aの戦力化行事を非公開に=北朝鮮意識か

記事一覧 2019.12.17 16:14

【ソウル聯合ニュース】韓国空軍の戦略兵器である最新鋭ステルス戦闘機「F35A」の戦力化を記念する行事が17日、非公開で行われた。空軍は「これまで十分に広報されたと判断し、非公開で開催した」と明らかにした。

離陸するF35A(資料写真)=(聯合ニュース)

 戦力化行事は新兵器が実戦配備に入ったという軍事的な意味と、国民に報告するという意味を持つ。F35Aは10月1日の「国軍の日」の記念式典で一般に初公開された。

 F35Aは3月末、初めて2機が米国から到着し、これまで13機が導入された。2021年までに計40機が導入され、実戦配備される。

 戦力化行事が非公開で開かれたことについて、北朝鮮の反発を意識した措置との指摘も出ている。

 第5世代戦闘機のF35Aはステルス性能や電子戦能力などを備えている。最大速度はマッハ1.6、航続距離は2222キロ、戦闘行動半径は1093キロに達する。空対空ミサイルAIM9Xや空対地精密誘導弾GBU12などを搭載できる。

 一方、韓国空軍は北朝鮮全域と朝鮮半島の一部の周辺地域を監視できる高高度無人偵察機グローバルホークも今月中に1~2機を導入する予定だが、公開はしない見通しだ。韓国空軍は計4機のグローバルホークを導入する計画だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。