Go to Contents Go to Navigation

米特別代表が19~20日に急きょ訪中 対北朝鮮で国際的な団結を議論

記事一覧 2019.12.18 08:52

【ソウル聯合ニュース】米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が15~17日の韓国、17~19日の日本訪問に続き、19日から2日間、中国を訪れる予定だ。米国務省は17日(米東部時間)、北朝鮮に対する国際社会の団結維持の必要性を中国の当局者と話し合うためと説明した。

3日間の韓国訪問を終え、17日に日本へ出発したビーガン北朝鮮担当特別代表=(聯合ニュース)

 ビーガン氏の今回のアジア訪問先は当初、韓国、日本と発表されていた。ところが中国とロシアが16日、北朝鮮への制裁の一部緩和を求める決議案を国連安全保障理事会に提出したことから、北朝鮮制裁の国際協調からの離脱を防ぐため訪中を急きょ決めたとみられる。

 同氏は3月に訪中した際、当時カウンターパートだった孔鉉佑・外務次官兼朝鮮半島問題特別代表(現駐日大使)と協議している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。