Go to Contents Go to Navigation

光・映像・音楽の供宴「SEOUL LIGHT」 20日からソウルで

記事一覧 2019.12.18 14:06

【ソウル聯合ニュース】光、映像、音楽による華麗なライトショー「SEOUL LIGHT」が20日から来月3日までソウル・東大門デザインプラザ(DDP)で開催される。ソウル市とソウルデザイン財団が18日、発表した。

「SEOUL LIGHT」のイメージ図(ソウルデザイン財団提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

「SEOUL LIGHT」のイメージ図(ソウルデザイン財団提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 SEOUL LIGHTは220メートルに達するDDPの外壁全面を活用し16分間繰り広げられる。ソウルと東大門の過去、現在、未来を表現する三つの章で構成される。

 トルコ出身の世界的なメディアデザイナー、Refik Anadol氏をメイン作家として迎え、メディアファサード演出家のミン・セヒ氏が総監督を務めた。ソウルと東大門に関する写真や資料などを人工知能(AI)で再解釈した後、視覚的に再構成し、ライトショーとして披露する。

 最初のショーは20日午後7時から始まる。開催期間中は毎日午後7~10時の毎時0分にショーが繰り広げられる。24、25の両日と31日は特別映像が流れる。

 ソウル市はSEOUL LIGHTを代表的な夜間観光コンテンツとして育成する計画だ。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。