Go to Contents Go to Navigation

ソウル・南山の慰安婦被害者たたえる像 名称決まる

記事一覧 2019.12.19 11:15

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルの南山に建てられた旧日本軍の慰安婦被害者をたたえる像の名称が「正義のための連帯(Justice for Unity)」に決まった。

8月に行われた像の除幕式の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 この像は米サンフランシスコで活動する英国出身の彫刻家、スティーブン・ホワイト氏の作品で、同地の非営利団体「キム・ジンドク&チョン・ギョンシク財団」や同胞、米住民などからの募金によって制作され、ソウル市に寄贈された。

 今年8月、日本による植民地時代の痛ましい歴史を伝える南山の朝鮮神宮跡の前に設置された。ここには朝鮮王朝時代に祭祀が行われた国師堂があったが、日本により撤去され、神宮が建立された。

 像の名称はソウル市が実施した公募に寄せられた202件の候補の中から審査委員会の審査により1~3位が決まった。「正義のための連帯」は像の特徴を最もよく表現しており、1位に選ばれた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。