Go to Contents Go to Navigation

昨年の1人当たり国民総所得 朝鮮戦争休戦直後の503倍=韓国

記事一覧 2019.12.19 14:22

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は19日、国民所得統計の基準年を従来の2010年から15年に改定する作業を終え、新たな基準による資料を韓国銀行経済統計システムのホームページに掲載した。新基準で18年の1人当たり国民総所得(GNI)は3万3434ドル(現在のレートで約366万円)と、朝鮮戦争が休戦した1953年(67ドル)の約503倍となった。 

韓国経済は輸出を柱に成長してきた。主要港の釜山港(資料写真)=(聯合ニュース)

 基準改定により、所得指標はおおむね上方修正された。ただ、過去にさかのぼるほど旧・新基準の幅は小さい。

 1953年の1人当たりGNIは旧・新基準とも同じだが、2018年は旧基準の3万1349ドルから新基準は3万3434ドルに増えた。

 1人当たりGNIは年平均10.0%伸びた計算だ。増加率を10年単位でみると、1950年代は3.6%だったが、60年代が10.4%、70年代が22.8%、80年代が12.9%と2桁が続いた。90年代は6.2%、2000年代は6.1%に鈍化した。10~18年は6.4%だった。

 一方、名目国内総生産(GDP)は1953年の477億ウォン(現在のレートで約45億円)から2018年には1893兆ウォンに増加した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。