Go to Contents Go to Navigation

徴用被害者の遺族ら 国会議長に解決案の早期成立要請=韓国

記事一覧 2019.12.19 20:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が強制徴用被害者への賠償問題を巡って、両国の企業と国民から寄付を募り、被害者に支給する法案を提出したことを受け、被害者の遺族ら10人が19日、文氏と面会し、法案の早期成立を要請した。

強制徴用被害者の遺族らから署名を受け取る文氏(右端から3人目)=19日、ソウル(聯合ニュース)

 文氏は18日、同法案を与野党議員13人と共同で提出した。

 遺族らは文氏に同法案の早期成立を求める「連帯署名」を手渡した。署名には強制徴用被害者や遺族ら約1万人が参加した。

 文氏は「国が責任のある行動をしなかった」として、「国民の一人として残念」と表明。「強制徴用問題を解決するため、政治をやめる覚悟で最善を尽くす」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。