Go to Contents Go to Navigation

ICT輸出が13カ月連続マイナス 日本向けは増加=韓国

記事一覧 2019.12.22 15:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部は22日、11月の情報通信技術(ICT)輸出額は143億1000万ドル(約1兆5660億円)で前年同月比21.8%減少したと発表した。マイナスは13カ月連続。主力輸出品目の半導体やディスプレーなどでの不振が続いた。

各年の11月のICT輸出額(単位:億ドル、科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 品目別の輸出額をみると、半導体は半導体メモリーの単価下落やシステムLSI(大規模集積回路)の需要鈍化が影響し、前年同月比30.7%減の74億8000万ドルにとどまった。

 ディスプレーは有機ELパネルの需要停滞や液晶パネルの単価下落などにより、25.0%減の17億1000万ドルとなった。

 携帯電話は海外生産の拡大もあり0.9%減の10億2000万ドル。ただ、携帯電話部品の輸出額は15.9%増の6億8000万ドルを記録した。

 国・地域別の輸出額は、中国向けが21.0%減の71億4000万ドル、ベトナム向けが22.2%減の21億ドル、米国向けが22.5%減の15億7000万ドル。一方、日本向けは0.2%増の3億8000万ドル。二次電池が2桁の伸びを記録したほか、半導体の輸出も1.0%増加した。

 11月のICT輸入額は前年同月比6.9%減の90億9000万ドルで、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は52億2000万ドルの黒字だった。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。