Go to Contents Go to Navigation

日本の輸出規制緩和「根本策としては不十分」=韓国貿易担当相

記事一覧 2019.12.22 17:00

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官は22日、日本政府が韓国向けに輸出規制を強化した半導体材料など3品目の一つ「レジスト」の規制強化措置を一部緩和したことについて、「輸出管理問題の根本的な解決策としては不十分」との立場を示した。中国・北京で開かれる韓中日3カ国の貿易担当相会談に出席するため出国する際に、報道陣に語った。

出国前に報道陣の質問に答える成允模長官=22日、ソウル(聯合ニュース)

 日本政府は今月20日、レジストについて、個別許可から特定包括許可の対象に変更する通達を出した。

 成長官は「(日本が規制強化を発表した)7月1日以前の状態に戻すため、(日本と)積極的に対話する。進展があることを期待しており、最善を尽くす」と意欲を示した。

 貿易担当相会談には成長官、梶山弘志経済産業相、鐘山商務相が出席。韓中日自由貿易協定(FTA)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)など、3カ国の通商懸案について議論する予定。

 韓日の通商担当閣僚が対面するのは、今月7月に日本が韓国への輸出規制強化を発動して以降初めてとなる。ただ、韓日の2国間会談についてはまだ確定していないという。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。