Go to Contents Go to Navigation

韓中日の経済団体がサミット 協力強化へ共同声明=3カ国首脳も出席

記事一覧 2019.12.24 11:36

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本、中国の経済団体は24日、中国・成都でビジネスサミットを開き、自由貿易や経済統合への協力を確認し、新産業分野での協力を強化することで一致した。

韓中日首脳会談に合わせて中国・成都で開催された3カ国ビジネスサミットで記念撮影する(前列左から)韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領、中国の李克強首相、日本の安倍晋三首相=24日、成都(聯合ニュース)

 サミットは7回目で、韓国の大韓商工会議所、日本の経団連、中国国際貿易促進委員会の共催。3カ国首脳会談に合わせて行われている。

 今回は3カ国から過去最多の約600人が出席した。韓国からは大韓商工会議所の朴容晩(パク・ヨンマン)会頭やサムスン電子の尹富根(ユン・ブグン)副会長、現代自動車の孔泳云(コン・ヨンウン)戦略企画担当社長ら約150人が参加した。

 サミットには韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領、日本の安倍晋三首相、中国の李克強首相も出席した。

 朴会頭はあいさつで、「(サミットは)地政学的な対立や保護主義拡大の危機の中、域内の協力関係を修復し、グローバルな課題についても共に声を上げる有意義な場」と述べた上で、3カ国協力に向けた制度的な枠組みづくりの必要性に共感する声が上がっていることに言及。東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の早期発効に向けて連携しようと呼びかけた。

 サミットでは自由貿易の保護や来年のRCEPの最終妥結、韓中日自由貿易協定(FTA)の早期妥結に向けた3カ国政府の努力を要請する共同声明を採択した。

 声明は各国が開放的かつ公正・透明な企業環境を構築し、知識や技術などの移転を阻害する要素をなくすよう求めた。また、国民の生活の質向上に向け、環境や高齢化問題に共同で対処する必要があると強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。