Go to Contents Go to Navigation

「北朝鮮軍襲撃訓練」報道を否定 韓米国防当局

記事一覧 2019.12.24 11:52

【ソウル聯合ニュース】韓国メディアが韓米両軍の特殊部隊が行った合同訓練を北朝鮮軍基地の襲撃訓練と報じたことについて、米国防総省は「報道は間違っているだけでなく、無責任で極めて危険だ」と否定した。米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が明らかにした。また、韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は24日の定例会見で、「米国防総省の説明は訓練に関する理解が間違っているということだと思う」として、「(この訓練は)対テロ訓練と要人の救出訓練」と説明した。

米国防総省がHPに公開した訓練の様子(同省HPより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 米国防総省は韓国南西部・群山の空軍基地などで8~11月に実施した韓米合同訓練の映像をホームページに掲載したが、その後削除した。韓国メディアは米国が映像を公開したことについて、「クリスマスプレゼント」を贈るとして挑発に踏み切る構えを見せている北朝鮮への警告のメッセージなどと報じていた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。