Go to Contents Go to Navigation

韓国主要紙の朝刊ヘッドライン(12月26日)

<朝鮮日報>「捜査つぶす懸念」…最高検 高位公職者犯罪捜査処設置法案に強く反発

<東亜日報>労働組合の最大組織になった民主労総 政策への影響力さらに増大へ

<中央日報>民主労総 最大労組組織に…最初の要求は新たな枠組みづくり

<ハンギョレ>サムスン 社員の年末調整記録から「革新団体サポート」した数百人割り出し

<京郷新聞>サムスン解雇された元社員 江南駅前での「空中闘争」開始から200日

<毎日経済>韓国産業界に「ピークショック」到来 供給過剰・需要縮小時代に

<韓国経済>地に落ちた起業意欲 本当にこのまま放っておくのか…「規制爆弾・労組寄り」

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。