Go to Contents Go to Navigation

韓国国立墓地 外国人参拝者向けに10カ国語で案内

記事一覧 2019.12.26 16:40

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルにある国立墓地の国立ソウル顕忠院は26日、外国人参拝者向けに10カ国語の案内システムを構築し、サービスを開始すると発表した。

顕忠塔を参拝する元国連軍参戦兵(資料写真)=(聯合ニュース)

 案内は英語、中国語、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、アラビア語、インドネシア語、トルコ語で行われ、韓国合同軍事大の国防語学院の講師らが案内内容を吹き込んだ。

 国のために命をささげた人々をたたえる顕忠塔への参拝を希望する外国人は、祭壇に取り付けられたQRコードで言語を選択して案内を聞くことができる。

 顕忠塔には、国連軍として朝鮮戦争に参戦した元兵士や遺族ら年間約1000人が参拝に訪れる。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。