Go to Contents Go to Navigation

韓中 「大気の質」情報を共有へ=PM予報などに活用

記事一覧 2019.12.27 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国と中国が27日から専用回線を利用して大気の質の予測情報を共有する。今後は中国の情報を韓国国内の粒子状物質(PM)の濃度予報に活用できる。韓国環境部の国立環境科学院が伝えた。

韓中が共有した情報がPMの濃度予測に活用される(国立環境科学院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 両国の予測情報の共有は今年2月の環境相会談で締結された「韓中大気の質予測情報および技術交流協力案」の一つ。

 中国は北京や大連など11省・市の今後3日間の「空気質指数(AQI)」とPMの濃度に関する資料を毎日1回、国立環境科学院に提供する。

 環境科学院は中国の情報を国内のPMの予測に利用する計画だ。 

 中国のAQI情報により、韓国でPMの非常低減措置を発令する可能性も予測できると期待している。 

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。