Go to Contents Go to Navigation

憲法裁の判断尊重 慰安婦被害者の名誉回復に努力=韓国外交部

記事一覧 2019.12.27 17:11

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部当局者は27日、憲法裁判所が旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意について、慰安婦被害者らが合意の違憲性判断を求めた訴えに対し「違憲性判断の対象ではない」と判断したことに関し、「憲法裁の決定を尊重する」として、「政府は慰安婦被害者の名誉や尊厳回復、心の傷の癒やしのため、可能な(限りの)努力を続けていく」との姿勢を示した。

憲法裁の大審判廷に入廷した劉南碩(ユ・ナムソク)憲法裁判所長(中央)ら=27日、ソウル(聯合ニュース)

 憲法裁は合意について、「政治的合意であり、これに対するさまざまな評価は政治の領域に含まれる」とし、慰安婦被害者らの訴えを却下した。

 韓国外交部は18年6月に憲法裁に対し、「合意は法的効力を持つ条約でなく、外交的な合意にすぎないため、『国家機関の公権力行使』と見なすことができない」として却下を求める意見書を提出していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。