Go to Contents Go to Navigation

韓国国会で公選法改正案可決 「準連動型比例代表制」初導入=最大野党は猛反発

記事一覧 2019.12.27 19:26

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は27日の本会議で、公職選挙法改正案を最大野党「自由韓国党」を除く与野党の賛成多数で可決した。これにより、来年4月の国会議員総選挙で韓国の政治史上初めて準連動型比例代表制が実施される。

議長席を取り囲む自由韓国党議員をかき分けて着席する文喜相国会議長=27日、ソウル(聯合ニュース)

 自由韓国党を除く与野党が提出した改正案は、現在の小選挙区253議席、比例代表47議席を維持しながら、比例代表のうち30議席について連動型比例代表制(連動率50%)を導入する内容が骨子。30議席は各党の小選挙区当選者数と政党得票率に基づいて配分され、残り17議席はこれまで通り政党得票率に基づいて配分される。

 また、選挙権年齢は満19歳から満18歳に引き下げる。

 準連動型比例代表制は、小選挙区の獲得議席数が政党得票率に及ばない場合、比例代表の議席を通じて政党得票率に見合った総議席数を保証するもので、少数政党に有利との見方が多い。このため来年の総選挙で国会の勢力図が変化することが予想される。

 自由韓国党は準連動型比例代表制の導入に激しく反対し、23日夜から26日午前0時の臨時国会会期終了までフィリバスター(無制限討論を通じた合法的な議事進行妨害)を実施するなど、改正案の成立阻止を図った。しかし、同党を除く与野党が過半数の賛成を確保したため、劣勢を覆せなかった。

 同党議員らはこの日も本会議開会前に国会議長席の周りを占拠し、文喜相(ムン・ヒサン)議長の着席を阻もうとするなど、最後まで抵抗した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。