Go to Contents Go to Navigation

法相候補の聴聞報告書あすまで送付を 文大統領が国会に再要請へ

記事一覧 2019.12.31 11:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は31日に国会に対し、法務部長官候補に指名した秋美愛(チュ・ミエ)国会議員の人事聴聞の経過報告書を来年1月1日までに送付するよう再要請する予定だ。青瓦台(大統領府)関係者への取材で分かった。

法務部長官候補に指名された秋美愛議員(右、資料写真)=(聯合ニュース)

 これ以上時間をかける必要はないと判断したようだ。来年1月2日にも秋氏を任命するとみられる。

 文大統領は今月11日に秋氏の人事聴聞要請案を国会に提出した。関連法によると、国会はそれから20日以内に人事聴聞会と報告書採択の手順を踏まなければならない。期限は30日だったが、報告書採択に至らなかった。大統領は10日以内の期限を設けて再送付を要請し、国会が応じない場合、期限が過ぎればそのまま任命が可能だが、文大統領は期限を来年1月1日と短く設定した。

 30日には政治家・政府高官らの不正を捜査する「高位公職者犯罪捜査処(公捜処)」設置法案が国会本会議で可決された。検察改革の機運が高まっていることを踏まえ、秋氏の任命を急ぐことで改革に弾みをつけたい考えがあるとみられる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。