Go to Contents Go to Navigation

韓国 異例の雪の少なさ=12月の積雪量が過去最低

記事一覧 2020.01.05 11:00

【ソウル聯合ニュース】例年より暖冬の今冬、韓国では先月の積雪量が12月ベースで過去最低を記録した。

小雪が降る昨年12月のソウル=(聯合ニュース)

 韓国気象庁が5日に発表した資料によると、昨年12月の全国の最深新積雪は0.3センチで、観測を始めて以来、最低となった。これまでの最低記録は1998年の0.6センチだった。

 最深新積雪は24時間の間に降った雪の中で、最も積った深さを指す。

 空港のある仁川や南部の釜山、済州道は雪が降っていない。ソウルは雪が観測されたものの、ほとんど積らず、最深新積雪はゼロとなった。

 雪が降っていないのは暖かい気温のためだ。

 先月の平均気温は2.8度で、例年(1.5度、プラスマイナス0.5度)より高かった。

 気象庁によると、先月中旬以降、韓国に冷たい空気を流れ込むシベリア高気圧の張り出しが弱かった。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。