Go to Contents Go to Navigation

韓国気象衛星「千里眼2B号」 来月19日に打ち上げ=大気汚染など観測

IT・科学 2020.01.05 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の気象衛星「千里眼2B号」が来月19日午前(日本時間)、仏領ギアナのギアナ宇宙センターから打ち上げられる。

韓国の気象衛星「千里眼2B号」(提供写真)=(聯合ニュース)

 韓国当局は5日、打ち上げのため、同衛星を韓国航空宇宙研究院からギアナ宇宙センターに輸送すると伝えた。

 千里眼2B号はギアナ宇宙センターに到着後、点検や燃料注入、発射体の組み立てなどを準備を経て、人工衛星打ち上げ用ロケット「アリアン5」に搭載され、打ち上げられる。

 打ち上げから1カ月後に人工衛星の活動範囲である静止軌道(地球から約3・6万キロ)に到着する予定。10月からは赤潮などの海洋環境情報を、来年からは粒子状物質(PM)などの大気環境情報を観測する。

 韓国当局は「東アジア地域で発生・移動するPMなど、大気汚染物質を常時観測し、流入・影響を分析することで、国際大気環境紛争に備える基礎資料を確保できる」と期待を示した。

csi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。