Go to Contents Go to Navigation

米見本市CESにソウル市が初のパビリオン出展 革新PRへ

IT・科学 2020.01.05 13:36

【ソウル聯合ニュース】米ラスベガスで7日に開幕する世界最大のデジタル技術見本市「CES」に、ソウル市が初めてパビリオンを出展する。

朴元淳市長(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル市は5日、CES(7~10日)に「スマートシティー&スマートライフ」をテーマに、「ソウル館」を設置すると伝えた。ベンチャー企業の出展が並ぶ「ユーレカ・パーク」に290平方メートルの規模で設置される。ソウル館には企業20社のブースや商談スペース、PRスペースなどが設けられる。期間中に朴元淳(パク・ウォンスン)市長も参加する。

 ソウル市などの支援を受けて立ち上げられたスタートアップ企業が肌を測定しスキン製品を推薦してくれる「スマート鏡」や遠距離ワイヤレス充電などの先端技術を披露する。

 朴市長は「ソウル館の設置はソウルの未来をけん引する革新企業に発展と成長のチャンスを提供することから意味が大きい。ソウルの革新的なスマート行政も世界に紹介したい」と意欲を示した。

csi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。