Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 インドで15カ月ぶりテレビ生産再開=規制緩和受け

記事一覧 2020.01.05 15:55

【ニューデリー聯合ニュース】関税引き上げの問題でインドでのテレビ生産ラインを閉鎖したサムスン電子が現地企業のディクソン・テクノロジーズと契約を結び、相手先ブランドによる生産(OEM)方式で15カ月ぶりにテレビの生産を再開する。現地のメディアなどが5日、伝えた。

19年6月、サムスンがニューデリーで開催した量子ドット技術を用いた「QLED」テレビの発売記念イベント(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 サムスンはインド政府が2018年2月、有機ELパネルなどテレビの主な部品に対する関税を引き上げたことを受け、同年10月に現地でのテレビ生産を中止。インドと自由貿易協定(FTA)を締結しているベトナムから現地に完成品を輸入し、関税の影響を避けてきた。

 その後、インド政府は電子業界の要請を受け入れ、昨年9月にテレビ部品の関税を引き下げるなど、輸入規制を緩和した。

 サムスンは30~40型の中低価格モデルの価格競争力をさらに強化するため、ディクソン側に生産を委託することにした。プレミアムモデルは引き続きベトナムから輸入する方針だ。

 サムスンは50~60型以上のプレミアムテレビ市場ではLG電子と共にインド市場をリードしているが、中低価格テレビは中国勢に押されている。

 ディクソンは部品の調達から組み立てまで、生産工程のほとんどを担う。サムスンは品質などを管理する。

 ディクソンはサムスンの洗濯機や低価格のフィーチャーフォン(従来型携帯電話)なども生産している。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。