Go to Contents Go to Navigation

韓国大使が北朝鮮問題で米のリーダーシップに期待 トランプ氏「そうする」

記事一覧 2020.01.07 10:06

【ワシントン聯合ニュース】韓国の李秀赫(イ・スヒョク)駐米大使は6日、ホワイトハウスでトランプ米大統領に信任状を提出した。在米韓国大使館が明らかにした。

昨年12月11日、青瓦台(大統領府)で文大統領(左)から信任状を受け取った李氏(右)=(聯合ニュース)

 同大使館によると、トランプ氏は李氏に対し、北朝鮮の最新情勢について見解を求め、李氏は核問題の解決や朝鮮半島の平和定着に向け「引き続きリーダーシップを発揮することを期待している」と要請。これに対しトランプ氏は「そうする」と応じた。

 また、同氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領へのあいさつを伝えたという。

 李氏は昨年10月末に着任した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。