Go to Contents Go to Navigation

文大統領 新年演説で南北協力強調=「米朝対話の重要性は変わらず」

北朝鮮 2020.01.07 16:34

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)高官は7日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が行った新年の演説で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の訪韓推進など南北協力の強化を強調したことについて、記者団に「朝米(米朝)対話の成功のため努力するとともに、南北協力を増進するという意味」と明らかにした。

青瓦台で新年の演説を行う文大統領=7日、ソウル(聯合ニュース)

 その上で、「朝米対話の重要性を認知しなかったり、基調を変えたりするものではない」として、「実質的に協力できることを見つけ、積極的に実行するという誓い」と述べた。

 文大統領は演説で、「朝米対話の成功のため努力するとともに、南北協力を一層強化していく現実的な方策を模索する必要性がさらに切実に求められている」とし、「金委員長の答礼訪問のための環境が一日も早く整うよう南北が共に努力することを望む」と言及した。

 同高官は金委員長の訪韓のための環境に関しては、「非武装地帯(DMZ)の国際平和地帯化やユネスコ(国連教育科学文化機関)世界遺産への共同登録、スポーツ交流などを通じて南北が交流協力強化に向けた共感が生まれる全般的な状況を言う」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。