Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏の誕生日 今年も「平日」=祝賀行事など確認されず

記事一覧 2020.01.08 11:34

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が8日、36歳の誕生日を迎えたが、北朝鮮では例年と同じく、誕生日を祝う行事など特異な動きは出ていない。国営メディアも金委員長の誕生日に関する記事は掲載しなかった。

朝鮮中央通信は7日、金委員長が肥料工場の建設現場を現地指導したと報じた=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 一部では北朝鮮が金委員長の誕生日に合わせ、挑発行為を行う可能性があるとの見方を示していた。

 北朝鮮では金委員長の祖父、故金日成(キム・イルソン)主席の誕生日(4月15日)と父の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日(2月16日)は祝日になっている。だが、北朝鮮の外国文出版社が製作した2020年のカレンダーで、金委員長の誕生日はこれまでと同様、平日扱いとなっている。

 北朝鮮が金委員長の誕生日を祝日に指定せず、公式行事を開いていないのは、まだ30代の若い年齢であることを考慮したためとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。