Go to Contents Go to Navigation

イラン報復攻撃 「状況を注視」=韓国外交部

記事一覧 2020.01.08 13:35

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は8日、イラン革命防衛隊がイラク国内の米軍駐留基地をミサイルで攻撃したことに関し、状況を注視していると述べた。

イラク国内の米軍駐留基地に向け発射されるイランのミサイル=(AFP=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同当局者は「(攻撃を受けた地域と)韓国企業がある地域が150キロ以上離れているため、直ちに影響はないと判断される」とした上で、「さまざまな可能性を念頭に置き、状況をモニタリングしている。段階別の対応策を講じる予定だ」と説明した。

 また、現地の韓国人の撤収については「まだ考慮する段階ではない」と述べた。

 1月現在、イラクに滞在中の韓国人は約1570人で、このうち多数は各種プロジェクトを受注した建設会社の社員だ。

 米国とイランの緊張の高まりを受け、外交部は5日に対策班を設置し、24時間体制で緊急の状況に対応する。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。