Go to Contents Go to Navigation

韓国国防部「米と情報共有しながら状況注視」 イラン報復攻撃

記事一覧 2020.01.08 14:47

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の関係者は8日、イラン革命防衛隊が同日未明(現地時間)に米軍が駐留するイラクのアサド空軍基地などをミサイルで攻撃したことに関し、米国防総省と関連情報を共有しながら状況を注視していると伝えた。攻撃は米軍による革命防衛隊の精鋭部隊のソレイマニ司令官殺害に対する報復。

イランから米軍が駐留するイラクのアサド空軍基地に向けてミサイルが発射される様子。国営イラン放送が報じた=(AFP=聯合ニュース)

 国防部と韓国軍合同参謀本部は、アラブ首長国連邦(UAE)のアーク部隊、レバノンの東明部隊など中東地域に派遣した部隊に対し、部隊員の身の安全を守るよう指示したとされる。

 政府は有事の際、現地にいる韓国の国民や企業社員を保護し、輸送するために必要な軍装備を確認中とされる。軍の消息筋は「政府の決定があれば、軍はすぐに任務を遂行する準備ができている」と話している。

 1月現在、イラクに滞在する韓国人は約1570人で、その多くは製油所建設や新都市開発のプロジェクトに携わる大手建設会社の社員だ。この製油所と新都市の建設地はいずれも中部にあり、イランのミサイル攻撃を受けた中西部のアサド空軍基地、北部アルビルとはだいぶ離れている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。