Go to Contents Go to Navigation

セウォル号事故 元海洋警察幹部6人への逮捕状請求を棄却=韓国地裁

記事一覧 2020.01.09 09:00

【ソウル聯合ニュース】2014年に韓国南西部の全羅南道・珍島沖で旅客船セウォル号が沈没した事故で初動対応を十分に取らず乗客を死亡させた疑いが持たれている金錫均(キム・ソクギュン)元海洋警察庁長ら当時の幹部6人について、ソウル中央地裁は9日、逮捕状請求を棄却した。 

令状審査に出席する金錫均元海洋警察庁長=8日、ソウル(聯合ニュース)

 地裁は金氏と李春宰(イ・チュンジェ)元海洋警察庁警備安全局長、呂寅太(ヨ・インテ)済州地方海洋警察庁長の3人に対する令状審査を行った結果、「指揮ラインにあった被疑者が業務上過失による刑事責任を負担する余地がある」としながらも、現時点で逃亡や証拠隠滅を防ぐために身柄を拘束する必要性は認めがたいと判断した。

 地裁は元西海海洋警察庁長と元木浦海洋警察署長、元西海海洋警察庁状況担当官に対する逮捕状請求も棄却した。

 これら元幹部はセウォル号の沈没事故当時、乗客の避難誘導など救助に必要な義務を果たさず、303人を死亡させ、142人にけがをさせた疑いが持たれている。同事故を巡る疑惑を調べる検察の「特別捜査団」は今月6日、業務上過失致死傷の疑いなどがあるとして裁判所に逮捕状を請求した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。