Go to Contents Go to Navigation

銃撃受けながら亡命の元北朝鮮兵を送検 飲酒運転容疑=韓国警察

北朝鮮 2020.01.09 10:06

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル衿川警察署は9日、2017年に銃撃を受けながら南北軍事境界線を越えて韓国に亡命した元北朝鮮軍兵士の呉青成(オ・チョンソン)氏について、飲酒運転したとして起訴相当の意見を付けて書類送検したと明らかにした。

呉青成氏(TV朝鮮提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同署は先月、飲酒運転の取り締まりで呉氏を摘発したという。

 呉氏は17年11月13日に南北軍事境界線を越えて韓国入り。その際、北朝鮮兵の銃撃を受けて負傷したが、手術を受けて回復した。当時、友人と北朝鮮の焼酎約10本を飲んで泥酔した状態だったとされる。

 韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は国会情報委員会に対し、呉氏が偶発的に亡命したと報告していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。