Go to Contents Go to Navigation

新首相に丁世均前議長 韓国国会が任命同意案を可決

記事一覧 2020.01.13 19:47

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は13日の本会議で、次期首相に指名された与党「共に民主党」国会議員の丁世均(チョン・セギュン)前国会議長の任命同意案を賛成多数で可決した。

国会本会議に出席した丁世均氏=13日、ソウル(聯合ニュース)

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨年12月17日に同氏を指名してから29日での可決。李洛淵(イ・ナクヨン)首相に続き、文政権2人目の首相となる。国会議長経験者の首相起用は初めて。

 最大野党「自由韓国党」の議員は反対する方針で議決に臨んだ。

 同党は立法府の長を経験した丁氏が行政府のナンバー2に就任するのは三権分立を損なうなどとして、任命に反対してきた。

 文大統領は経済通として知られる丁氏を内閣の首長に充てることで、文政権の最大の難題となっている経済回復に打ち込む姿勢を示した。

 丁氏は全羅北道出身。双竜グループに17年間身を置き、役員も務めており、経済界での豊富な経験を持つ。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権では産業資源部(現・産業通商資源部)長官にも就いた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。