Go to Contents Go to Navigation

徴用被害者らが集団提訴 日本企業6社に賠償請求

社会・文化 2020.01.14 15:56

【光州聯合ニュース】日本による植民地時代だった戦時中に強制徴用された韓国南西部の光州と全羅南道の被害者と遺族が14日、日本企業を相手取って新たな集団訴訟を起こした。

日本企業が送った弔慰状を手に会見を行う強制徴用被害者の遺族=14日、光州(聯合ニュース)

 被害者らを支援する市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」と強制徴用被害者らの損害賠償請求訴訟を支援する弁護士団体「民主社会のための弁護士会」の光州・全羅南道支部は14日、強制徴用被害者と遺族33人の代理として三菱マテリアル(旧三菱鉱業)、三菱重工業、川崎重工業、北海道炭礦汽船など6社を相手取って損害賠償請求訴訟を起こした。

 存命の被害者は2人のみで、死亡した31人については遺族が訴訟に参加した。

 訴えを起こされた企業のうち、北海道炭礦汽船は会社更生法が適用されており、金銭的な損害賠償は現実的に難しい状況だが、遺族らは日本が強制動員の違法性を認め、謝罪することなどを求めて訴訟を起こした。

 両団体は訴状の提出後に記者会見を開き、「訴訟により過去の日本政府と戦犯企業が犯した反人倫的で反人道的な違法行為が再び明らかになるだろう」とした上で、「過去を反省しないままでは韓日友好や関係改善は困難だ」と強調。被害者側代理人らが強制徴用問題の解決に向けて提案した韓日合同の協議体を速やかに設立するよう要求した。

会見を開く強制徴用被害者の遺族ら=14日、光州(聯合ニュース)

 両団体は昨年4月に光州・全羅南道地域の強制徴用被害者54人に代わって損害賠償訴訟を起こしたが、日本側が訴状の受け取りを拒否しており、裁判は開かれていない。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。