Go to Contents Go to Navigation

19年の失業率3.8% 前年と同じ=韓国

経済 2020.01.15 11:04

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が15日発表した雇用動向によると、2019年の失業率は3.8%で、2001年(4.0%)以来の高さとなった前年と変わらなかった。失業者数は106万3000人で、4年連続で100万人を超えた。

雇用動向について説明する統計庁関係者=15日、ソウル(聯合ニュース)

 若年層(15~29歳)の失業率は8.9%で前年比0.6ポイント改善し、13年(8.0%)以来の低水準となった。しかし、実感に近い失業率とされる若年層の雇用補助指標は22.9%で、統計の作成が始まった15年以降で最も高かった。

 19年の就業者数は2712万3000人で前年より30万1000人増加した。増加数が30万人を上回ったのは2017年以来となる。就業率は前年より0.2ポイント高い60.9%で22年ぶりの高水準だった。

 一方、昨年12月の失業率は3.4%で前年同月比横ばいだった。若年層の失業率は7.3%で、同1.3ポイント改善。就業者数は2715万4000人で、同51万6000人増加した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。