Go to Contents Go to Navigation

ソウル市が旧正月連休の総合対策 地下鉄・バス深夜運行など

記事一覧 2020.01.15 13:54

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市は15日、旧正月(今年は1月25日)連休を挟む20~28日に安全や交通などの総合対策に取り組むと発表した。

ソウル市が旧正月連休中の安全や交通対策を進めている(コラージュ)=(聯合ニュース)

 市は23日から28日まで市庁に総合状況室を設置し、24時間体制で緊急事態に備える。

 安全面では、温浴施設や宿泊施設、ガス施設、伝統市場などの消防施設の点検を実施する。救急患者を受け入れる医療機関1712カ所と薬局2651カ所も確保する。

 交通に関しては、帰省客の移動が集中する25、26両日に地下鉄とバスの運行を深夜2時まで延長する予定。高速バスと市外バスの運行本数も23~27日には平時より2割ほど増やす。

 また、物価を安定させるため、旧正月に需要の多い生鮮品の供給量を増やし、一部の品目は重点的に管理する方針だ。

 交通情報や伝統市場、文化イベント、医療機関などに関する総合情報は、ソウル市茶山(タサン)コールセンター(電話120)、市のホームページやスマートフォンアプリなどで確認できる。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。