Go to Contents Go to Navigation

クイーンが来韓 「韓国のファンは情熱的」=低年齢化に驚きも

記事一覧 2020.01.16 18:56

【ソウル聯合ニュース】韓国公演を行う「クイーン+アダム・ランバート」が16日、ソウル市内のホテルで会見を開いた。

会見を行う「クイーン+アダム・ランバート」のメンバー。左からブライアン・メイ、アダム・ランバート、ロジャー・テイラー=16日、ソウル(聯合ニュース)

 クイーンのオリジナルメンバーであるギタリストのブライアン・メイは韓国語で「ありがとうございます」と話し、2014年にソウルで開かれた音楽フェスティバル「スーパーソニック」に出演したことについて、「とてもエキサイティングで、良い時間だった」と振り返った。

 ボーカリストとして参加するアダム・ランバートは「その時の公演での観客は本当に信じられないほど情熱的だった」とし、「その時の感動がまだ残っていて今回のコンサートでも観客の反応が同じだと思う」として笑った。

 ドラマーのロジャー・テイラーは80年代にベーシストのジョン・ディーコンとソウルに来たことに触れ、このように早く変化する都市は見たことがなく、変化する姿が印象的と話した。

 また3人は、クイーンの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」がヒットしたため、2014年の公演よりも観客の年齢層が低くなりそうだと予想した。

 ブライアン・メイは同映画が韓国で大ヒットしたこと知っているとし、「昨日韓国に入国した際、若いファンが私たちを見て大声を上げるので驚いた。若いファンの歓声を聞くのが久しぶりで新鮮だった」と話し、多くの若い観客が来場することに期待を示した。

 ロジャー・テイラーは世界で高い人気を得ているK―POPKポップについて、「視覚的にとてもファンタスティック」とし、「K―POPが世界を征服したことをお祝いする」と話した。

 ブライアン・メイは「K―POPの人気は英国でも十分聞いて知っている」とし、「独特な感性を持ったアーティストが音楽活動することはいつでも歓迎する。K―POPは今後も順調な道を歩むだろう」と話した。

 アダム・ランバートは「K―POPのクールで華麗なビジュアルを見てインスピレーションを受ける」と話した。

 公演は昨年7月にカナダ・バンクーバーで始まったワールドツアーの一環。韓国公演の後、日本、ニュージーランド、オーストラリア、欧州の順にまわる。

 2018年に公開された「ボヘミアン・ラプソディ」は韓国だけで1000万人近い観客を動員。クイーンが再び注目を集めた。

 「現代カードスーパーコンサート25 クイーン+アダム・ランバート」は1月18、19の両日、ソウル・高尺スカイドームで開催される。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。